« カフスボタン | トップページ | 蛙づくし »

2007年6月25日 (月)

価格設定

キーホルダーを作りながら、「これは一体いくらにすればいいのか?」と考えました。

個人的な感覚で言うと、アクセサリーなら一万円以上しても欲しければ買います。でも、キーホルダーにそんなに出せません。そもそもキーホルダーを銀で作る必要性がないかな~とも思います。硬い鍵を一緒に付けて持ち歩くのだから、絶対傷が付きます。だったら傷の付きにくい金属で作った方が機能的です。高級感はありますけどね。

全く同じデザインでも、それがキーホルダーなのかペンダントなのかで随分価値観が変わってくるのではないでしょうか。変な話ではありますが、私はそう思います。

私は日本の根付が好きなんですが、以前根付師の方がワックスを彫って銀の根付を作ったところ、見る人は皆「彫り物」としてではなく、「銀製品」としてしか見てくれなかった、と言われていました。木彫りの根付でも、いい物は数十万します。それでもいつか手に入れたいと思っています。でも、それがどんなに立派な彫りだとしても、鋳造品だったらせいぜい5~6万しか出せないと思います。たとえそれが一点ものだったとしても。

話が逸れていますが、要するに、出来上がった物のジャンルが何であるか、という事が重要なのではないかと思います。

以前、2万円以上する銀のキーホルダーを見た事があります。重量・作る手間からして当然の金額だとは思うのですが、やっぱり高い・・・。

という訳で、「売り物」にするならアクセサリーが無難なんだろうなぁ。

|

« カフスボタン | トップページ | 蛙づくし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カフスボタン | トップページ | 蛙づくし »